このような廃車寸前の車を買取ります。
普山自動車解体TOP > 廃車にすると戻ってくる税金と保険料の還付金について ~買取事例でわかる実際の還付金額~
廃車にすると戻ってくる税金と保険料の還付金について

長年乗ってこられた自動車を廃車するには、自動車本体の処分と書類手続き上の廃車の2つを行なわなければなりません。

自動車には、自動車税、自動車重量税、自動車損害賠償責任保険、任意保険等がかかっており、廃車することにより、還付金、返戻金等が発生します。

当店は、還付金、返戻金を相当額にて上乗せ買取しているため、お客様でする面倒な還付の手続きがなく、他社よりも高額で買取が可能です。

普通乗用車の場合

■自動車税
毎年4月1日時点での自動車の車検証の所有者に対してかかる税金で、用途や総排気量により税額が決まります。自動車税については、年度の途中で廃車された場合には、未経過分が還付されます

毎年、5月初旬頃に請求される税金ですが、その年度の4月から翌年度の3月までの税金となっています。毎年かかる税金です。この税金は都道府県税となります。 参考までに下記ご参照ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/zei/alacarte/jidousyazeigakuhyou.html

■自動車重量税
自動車重量税は1年ごとにかかるものですが、新規登録、車検時に自動車検査証の有効期間に応じてまとめて支払います。自家用乗用車は重量0.5トン如に税額が変わります。国税となります。 参考までに下記ご参照ください。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/sikumi/zyuuryouzei.pdf

■自動車損害賠償責任保険
自動車損害賠償責任保険は、交通事故による被害者を救済するため法律に基づき全ての自動車に加入することが義務付けられている強制保険です。新規登録、車検時に自動車検査証の有効期間以上の期間で保険が掛けられています。参考までに下記ご参照ください。
http://www.sonpo.or.jp/

■自動車保険(任意保険)
自動車損害賠償責任保険とは別に所有者、使用者が任意に保険会社と契約している保険のことです。支払い方法や契約期間にもよりますが、前払いされており、契約期間が残っている場合には、解約返戻金が発生します


軽自動車の場合

■軽自動車税
毎年4月1日時点での自動車の車検証の所有者に対してかかる税金です。年度の途中で廃車されても、軽自動車税については、還付はありません。毎年、5月初旬頃に請求される税金ですが、その年度の4月から翌年度の3月までの税金となっています。毎年かかる税金です。市町村税となります。参考までに下記ご参照下さい。
http://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/zei/shizei/aramashi/keijidoshazei.html

■自動車重量税
自動車重量税は1年ごとにかかるものですが、新規登録、車検時に自動車検査証の有効期間に応じてまとめて支払います。軽自動車は車輌の重さに係らず税額へ定額です。国税になります。参考までに下記ご参照下さい。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/sikumi/zyuuryouzei.pdf

■自動車損害賠償責任保険
自動車損害賠償責任保険は、交通事故による被害者を救済するため法律に基づき全ての自動車に加入することが義務付けられている強制保険です。新規登録、車検時に自動車検査証の有効期間以上の期間で保険が掛けられています。 参考までに下記ご参照下さい。
http://www.sonpo.or.jp/

■自動車保険(任意保険)
自動車損害賠償責任保険とは別に所有者、使用者が任意に保険会社と契約している保険のことです。支払い方法や契約期間にもよりますが、前払いされており、契約期間が残っている場合には、解約返戻金が発生します


実際にはどのように買取価格が計算されるか?

当店のサービスでは発生する還付金、返戻金を保証し、相当額にて上乗せ買取しております。但し、自動車税還付金については、納税名義人様へ還付される形を取っており、任意保険解約返戻金についてはご本人様で手続きを行ってもらう必要があります。

廃車買取りを謳っている業者のなかにはこれら還付金、返戻金をうやむやにする場合があり、実際、車輌代は無料といったケースが見受けられますので、必ず廃車を依頼される前に確認することをお勧めします。

アウディA6 89,800円

廃車日時:平成27年6月20日
廃車引渡方法:当店より引き取りにお伺い
車検満了日:平成28年5月28日 車検残り11ヶ月
初年度登録:平成11年5月
車種:アウディA6
排気量:2.39l、走行距離:100,000km

車輌代:25,000円
持込の場合(上乗せ):0円
自動車重量税還付金相当額:40,000円÷24ヶ月x11ヶ月=18,333円
自賠責返戻金相当額:700円x11ヶ月=7,700円
自動車税還付金:51,700円÷12ヶ月x9ヶ月=38,800円
買取金額合計:89,800円

但し、自動車税に関しては実際は納税名義人様へ還付される形となります。自賠責返戻金については、当店では、普通乗用車の場合、車検満了日を基準として700円/月の買取となります。

ベンツS500 95,300円

廃車日時:平成27年12月16日
廃車引渡方法:お客様ご自身で持込
車検満了日:平成28年12月24日 車検残り12ヶ月
初年度登録:平成11年12月
車種:メルセデスベンツ S500
排気量:4.96l、走行距離:200,000km

車輌代:35,000円
持込の場合(上乗せ):5,000円
自動車重量税還付金相当額:43,200円÷24ヶ月x12ヶ月=21,600円
自賠責返戻金相当額:700円x12ヶ月=8,400円
自動車税還付金:101,200円÷12ヶ月x3ヶ月=25,300円
買取金額合計:95,300円

スズキエブリイ 9,650円

廃車日時:平成27年10月25日
廃車引渡方法:当店より引き取りにお伺い
車検満了日:平成28年5月20日 車検残り6ヶ月
初年度登録:平成14年3月
車種:スズキ エブリイ
排気量:0.65l、走行距離:300,000km

車輌代:5,000円
持込の場合(上乗せ):0円
自動車重量税還付金相当額:6,600円÷24ヶ月x6ヶ月=1,650円
自賠責返戻金相当額:500円x6ヶ月=3,000円
自動車税還付金:還付なし
買取金額合計:9,650円

但し、軽自動車税については還付はありません。自賠責返戻金については、当店では、軽自動車の場合、車検満了日を基準として500円/月の買取となります。

ホンダザッツ17,300円

廃車日時:平成27年5月10日
廃車引渡方法:お客様ご自身でお持込
車検満了日:平成28年5月20日 車検残り12ヶ月
初年度登録:平成17年3月
車種:ホンダザッツ
排気量:0.65l、走行距離:120,000km

車輌代:5,000円
持込の場合(上乗せ):3,000円
自動車重量税還付金相当額:6,600円÷24ヶ月x12ヶ月=3,300円
自賠責返戻金相当額:500円x12ヶ月=6,000円
自動車税還付金:還付なし
買取金額合計:17,300円

但し、軽自動車税については還付はありません。自賠責返戻金については、当店では、軽自動車の場合、車検満了日を基準として500円/月の買取となります。

まとめ

以上でおわかりのように、自動車を乗るにあたって皆さんは色んな税金、保険等を将来に亘ってお支払されているのです。車検が残っている状態で廃車されると当然前払いしている訳ですから、色んな還付金等が発生してきます

廃車を査定される場合には、還付金、返戻金等についても良く考えた上で査定することをお勧めします。

■普通乗用車の場合
1.自動車重量税還付金
2.自動車損害賠償責任保険返戻金
3.自動車税還付金
4.任意保険解約返戻金

■軽乗用車の場合
1.自動車重量税還付金
2.自動車損害賠償責任保険返戻金
3.任意保険解約返戻金


廃車に関するコンテンツ

・廃車にするとは?2つある廃車の定義
実は、廃車という用語は、実際の手続きを行う運輸支局や軽自動車検査協会では正式には使われておりません。正式には永久抹消登録や一時抹消登録という手続き名になります。軽自動車だと呼び名が違ったりするので、このページで詳しく説明いたします。

・自動車の廃車手続きに必要な書類 ~ケース別の必要書類と書き方サンプル付き~
これを見るだけで、普通自動車や軽自動車の廃車手続きに必要な書類がわかります。引っ越しをしているか?などケースごとに違う必要書類をフローチャートで説明。