このような廃車寸前の車を買取ります。
普山自動車解体TOP > 自動車リサイクル法等を遵守し適正解体処理
自動車リサイクル法等を遵守し適正解体処理

当店では、自動車リサイクル法等を遵守し適正処理を行っております。

1.フロンガス

フロンガス 専用の回収機を使用して、フロンガスを回収しております。回収後、自動車リサイクル法に基づき処分されます。

2.エアバック

エアバック 機械式エアバックに関しては回収、電気式エアバックについては作動処理を行っております。機械式エアバックについては、自動車リサイクル法に基づき回収、処分されます。

3.ガソリン・軽油

ガソリン・軽油 ガソリン・軽油等は回収し、自家消費しております。

4.オイル・クーラント

オイル・クーラント ピット及びドラム缶へ回収し、産業廃棄物として処理業者へ委託処分しております。 燃料用として加工処理されます。

5.タイヤ

タイヤ 再利用できるタイヤについては、海外向け、国内向けに販売しており、再利用できないタイヤに関してはサーマルリサイクル用燃料として加工処理され、製紙工場、製綱所向けに納入されます。当店では産業廃棄物処理業者へ委託しております。

6.鉄等金属類

鉄等金属類 スクラップ材料として再利用されます。電炉等に問屋経由で納入されます。

7.廃車ガラ

廃車ガラ スクラップ材料として、プレス加工され、シュレッダー業者へ送られます。シュレッダー加工され、鉄、非鉄、シュレッダーダスト等分別され、再利用、適正処理がなされます。


工場の様子

解体処理場の写真です。ここに解体する車が置かれています。

このように解体する車を保管しています。

高いところからの撮影。

室内にも保管。

廃タイヤもまとめて保管。

ドアもまとめて保管。

動かない車でも引取りに行きます。

牽引しているところの写真。